「久方の光」・白市小鳥


山の上の校舎
窓外に明るい
春休みの退屈

中庭の向こうに見えた
金色の海原
桜の花びらが
海に向かって
散ぎれていく

あなたは
あの時 私が見ていた
光のすべて



●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る