「花」・カテコール


たおやかな山並みに
わずかに残る雪の周りには
短い夏の訪れと共に
あざやかな草花が一斉に咲き誇り
美しい花は
誰にも知られることなく
この短い季節を
精一杯生きている

冷たい霧が
次々と流されてゆく
山の
移り気な心の下で
ひっそりと咲き
静かに散ってゆく
そんな生き方をしたあなたと
重なって
一つになった
一輪の
花



●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]