「ゴミ置き場」・レトロ


贅沢な住宅街
骨にまだ、美味しい肉がくっついていても、
それは捨てられている
だけど、野良猫が来たらば、
すぐに保健所の人が
かけつける

風致地区という
看板が立っているけれど、
それがよけい、庭園住宅のひとびとを
奢らせているのに。

ゴミ置き場は
整然としているものじゃあない
もっと、
子供がシールだけ抜き取った
ガムの紙くずとか、
育毛剤の空き瓶とか、
破けたズボンの切れッ端とか、
おかしなものが落ちているものなのに。

しんとした住宅街
ゴミ置き場に
香水でもふりかけたらいかが?

朝から社長みたいな
貫禄のある男が
草原でジョギングをしている




詩の投稿作品


木馬館トップへ戻る