「fortune finder」・Atsushi


まぶしい太陽に照らされて
街は鮮やかな色に包まれる
空は無限に広がってゆき
風はやさしく時を運ぶ

自由の鐘が鳴り響いて
街にあふれる天使たちの声
僕は真っ白な羽根を広げ
空へと向かってまいあがる

あこがれてたものはそんなに遠くない
さあ 手を伸ばして
新しい世界へと旅立とう

冷たい冬の風が 僕を暖かく包んで
君のもとへと運んでゆくのさ
幸せはここにある 蒼い鳥なんてもう探さない

広がりつづけてゆく宇宙
幾千もの星たちが微笑む
僕が縛られていたものは
裸になれなかった心

空の青が僕の心を解き放つ
もう 怖がらずに
新たな一歩を踏み出そう

君が孤独であったなら 僕がそっと抱きしめてあげる
顔を上げて笑顔を見せてよ
幸せはここにある 蒼い鳥なんてもう探さない




●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る