「どうしてゆるしてやれなかったのだろ」・カテコール

僕は 人を 憎みたくない たとえそれが 傲慢な人間でも 卑屈な人間でも 卑劣な人間でも 僕は 人を 憎みたくない 僕は 彼等の受けてきた 不条理を思う 貧しさを思う そして 彼等を笑ってきた人々を 罵声を浴びせてきた人々を 唾を吐きかけてきた人々を 憎む 彼等が罪を犯した時 人々は彼等を取り囲み さらに 笑い 罵声を飛ばし 唾を吐きかけ そして 最後の一撃を加える そんな時はいつも 僕は 心が いたい

●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]