「電話をする日」・白市小鳥


生活をしていて
一人で
落ち込んだり張り切ったりしている中で
自分に欠けていることや
きっと 人間にとって大切なことに
気がつくことがある
すると
それをあなたに話したくなる
だけどそれは
口に出すと あまりにも
わざとらしくなってしまう
だから
何も言えなくなってしまうんだ
わたしが
電話をする日は
実は
そんな発見があった日なんだ



●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る