「抱くこと」・なっつ


もし沈黙にことばがあるのなら

抱くだけでつたわる。


君の髪に


雪の結晶をみつけだすかなしさ。


無常な宇宙の

底辺にて


弱きもの

それが


ひと。


胸をふたつ


花びらが閉じる如く


あわせる。


すると


ほんとうの宇宙が



からだの中に

生まれる。



抱く
。

沈黙を諸手で掬いながら


温度のある

沈黙を


掬いながら。


そのとき

わたしたちは


生きる




●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る