「ぼく」・白市小鳥


ときどき魔がさして

ときどき陽がさして

歌をうたっている

それが ぼく


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る