「殺める」・レトロ


わたしはこの手で

彼女のかよわい細い首を

つかもうとした

密室育児の悲しみ


ひとには伝わらない


けれど最後の1歩で
いつも

ふみとどまるのは


自身が産み出したものを

自身の手で破壊する

人間として

最悪の罪を犯して

堕ちたくないのだ


●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]