「雨の日に」・カテコール


雨の中を歩けば
何かを洗い流してくれるだろうか

雨の中を歩けば
何かを忘れさせてくれるだろうか

雨の音の1つ1つが
私の思いでの1つ1つを

思い出させ

それらの雨は
地面に叩きつけられて
そこで消えてしまう


その消えてしまった雨は

いずれ

深い深い海の中へ
引きずりこまれていき
私の喜びや悲しみの骸を
静かに抱きとってくれる



●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]