「明るい世界」・白市小鳥


歩く
人は歩いて地上のどこへでも
行くことができると知っていた?
もちろん海を渡るには 船や
飛行機や気球が必要だけれど

大抵のところへは歩いていけるんだよ

見る
美しい世界には
風が吹いている
 それを見る
緑の中に散る花びらは
光をうけて輝く
 それを見る

だから生きていてよかったと思いながら
さみしさが込みあげた

そう、ひとりぼっちだと気がついたから


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品


目次へ戻る