「雲」・カテコール

母親の手の中で
赤ん坊が笑った
この子は雲を見て笑ったんだと
母親もいっしょに笑った

空を瞳に映しながら
少年は笑った
あんな雲を見たら
笑わずにはいられないだろうって

考え事をしていた青年は
空を見上げずにはいられなかった
そこに雲があったからと
そう言って笑い出した

笑った 笑った 笑った
雲を見た人は
みんな笑った
そうして町は笑顔でいっぱいになった

みんなに笑われた雲
その雲ががまんした涙には
誰も気づきはしなかった
それでもちっともかまわないって
そう言って雲は みんなの笑顔を見ながら微笑んだ



●作者へのご感想はこちらへ●


[詩の投稿作品・1999年6月〜7月詩の投稿作品トップへ戻る]