木馬館06年11月歌会入選結果

この度は木馬館句会にご参加いただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。お陰さまで無事に句会を終えることができました。行き届かないところも多々あったと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

●投稿者数23名、総数37首。選者17名。
●敬称略。採点方法、同点の場合、「★」特選歌、投稿順優先。得点の内容(★特選2点、入選1点)。

■大賞

26 木枯らしが語る童話の結末を聴かずに山は眠りに落ちる  柏屋叶志秋
(★小僧)(★テツ)(★風詩)(★矢島孝胤)(★メグミ)(飛遊夢)(丸山進)(長澤克己)(みや) 14点

■準賞

17 太陽はひとりぼっちで昇るだろう白い地球に核戦争後  メグミ
(★飛遊夢)(★丸山進)(テツ)(矢島孝胤)(みや)(ぴーろこ) 8点

■秀逸

34 いつだって輝いていたい空の下一度限りの人生だもの  真田義子
(★鹿野椿)(テツ)(鹿野太郎)(矢島孝胤) 5点

10 白銀の樹氷の林くぐり抜け今年もサンタまたやって来る  矢島孝胤
(太正浪漫)(月見る花代)(鹿野椿)(真田義子)(ぴーろこ) 5点

12 憧れのパラリンピックの夢を見る座るスキーがシュプール描く  鹿野 太郎
(テツ)(月見る花代)(風詩)(真田義子)(みや)  5点

■入選

20 凛として空に向かひし俺がゐる光を浴びてひかりを感じて  浩史
(★杵島太郎)(★ぴーろこ) 4点

29 欲望も失うものも既になし只ひたすらに祈る喜び  丸山 進
(★真田義子)(★長澤克己) 4点

03 新雪がオブジェを描く人影は寄り添いて立つ樹氷かな  月見る花代
(★美代子)(小僧)(太正浪漫) 4点

19 少年の 心に芽生えた 氷柱を 溶かしてあげる 太陽でいたい  えるえる
(★鹿野太郎)(杵島太郎)(メグミ) 4点

21 羅漢のごと氷柱ひとつに顔がある今日は笑顔の我を見つける  浩史
(小僧)(鹿野椿)(風詩)(メグミ) 4点

24 冬晴れの空に向って高らかに『イマジン』歌う樹氷合唱団  風詩
(鹿野太郎)(飛遊夢)(メグミ)(ぴーろこ) 4点

18 永久歯痩せて抜け落ちボロボロです歯医者が告げた呻く地球に  メグミ
(★みや)(風詩) 3点

30 身に纏う幾千粒の過ちを青空にむけ耀かせろよ  ぴーろこ
(杵島太郎)(飛遊夢)(矢島孝胤) 3点

11 ゲレンデに共に過ごした二人には根雪も溶かす恋のほてりが  矢島孝胤
(★太正浪漫) 2点

31 風雪に引きこもってた私も今はこうして己を晒す  ぴーろこ
(★月見る花代) 2点

07 雪原をそめて日の出の眩ゆくもこの荘厳に頭垂れゆく  美代子
(月見る花代)(丸山進) 2点

08 樹氷林届かぬ春を待ちわびてやわらかな陽にこころ震わせ  ゆりえ
(杵島太郎)(美代子) 2点

35 氷点に解け出す想い目を閉じて空の青さの遥かに越えて  BANGY
(太正浪漫)(長澤克己) 2点

14 雪ごろもひと時の美に心打ち樹氷という名の君を想うと  さくらえび
(鹿野太郎) 1点

16 白きかな 見渡す限り 真っ白け 何処にいるんだ 返事をしてよ  太正浪漫
(美代子) 1点

22 天空を見上げてごらんモンスター春はすぐそこかぼちゃの馬車が  テツ
(丸山進) 1点

27 幾人も死人を出した冬山が今日は仏のような表情  柏屋叶志秋
(鹿野椿) 1点

28 美しい伝説として浮上するタイタニックの秘話の数々  丸山 進
(真田義子) 1点

32 厳冬や温める春を待ちぬべし雪の衣に樹は覆われて  月見る花代
(長澤克己) 1点

36 禁断の果実と言えば愚かなり軋むにきしむ津軽の林檎  杵島太郎
(小僧) 1点


木馬館句会TOP