木馬館7月歌会入選結果

この度は木馬館句会にご参加いただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。お陰さまで無事に句会を終えることができました。行き届かないところも多々あったと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

●投稿者数28名、総数48首。選者24名。
●敬称略。採点方法、同点の場合、「★」特選歌、投稿順優先。得点の内容(★特選2点、入選1点)。

■大賞

047 一日の始まる前に万物が息を吸い込む一瞬がある  丸山 進
(ぴょん)(龍)(栞)(すみ)(逸星)(ひさ子)(飛遊夢)(芳子)(巻坊)(まゆ)(ぴーろこ) 11点

■準賞

020 おはようと君のくちびる動く時空いちめんにひまわりの花  ひとり静
(★風詩)(★鹿野太郎)(★巻坊)(百惠)(すみ) 8点

015 この場所に来ると必ず転んじゃういたずら好きの君がいる空  小島 百惠
(★すみ)(龍)(栞)(鹿野太郎)(ひさ子)(飛遊夢)(ぴーろこ) 8点

044 逆上がり初めてできた校庭で見上げた雲を今も忘れず  柏屋 圭
(★金盞花)(美代子)(学)(さるた)(雅昭)(飛遊夢)(巻坊) 8点

■秀逸

004 大空に願いをこめて投げ入れたあれはあの日のわたしの乳歯  小島 百惠
(★ぴょん)(★進)(孝胤)(さるた)(鹿野太郎) 7点

046 先見へぬ浮世にあらば梅雨空に滲む月さへ道しるべかな  巻坊
(★栞)(風詩)(ぴょん)(百惠)(みや)(進) 7点

■入選

019 さ迷える我は旅人今日もまたこの空の下歩んで行かむ  真田義子
(★美代子)(★学)(芳子) 5点

008 あの恋がいかに遠くになろうとも光しことは今も変わらず  風詩
(★ひさ子)(義子)(雅昭)(芳子) 5点

018 十三夜の月を見上げ続けるとかもめになるって本当なのか  ぴーろこ
(★ひとり静)(義子)(孝胤)(逸星) 5点

024 夜に立ち月に唄へば吹き抜ける風の身に沁む 君に会ひたい  巻坊
(★まゆ)(美代子)(栞)(すみ) 5点

048 地の中に消えなんとする虹のため屋根を塗る吾が加う一色  おやじしの
(★百惠)(風詩)(みや)(ひとり静) 5点

038 急降下ぐるぐる回る万華鏡過去と未来を見た白昼夢  上野楽生
(★孝胤)(★みや) 4点

031 小窓から 夕映えの空眺めれば 心だけでも鳥になりたい  ゆりえ
(★義子)(ひさ子)(まゆ) 4点

041 見上げれば見守るように昼の月迷いながらも歩き出す我  真田義子
(★逸星)(百惠)(金盞花) 4点

034 ひゅるるんと印を結ぶが化けそこね夜明けの空をさまようキツネ  ぴょん
(★龍)(ひとり静) 3点

011 ギリシャにて交通事故に子は逝きぬ遺品のカメラの撮りしフォト見ぬ  矢島孝胤
(★ぴーろこ)(進) 3点

013 なぞなぞが好きな貴方に問いかける月の砂漠のオアシスは何処  孝井 栞
(★雅昭)(進) 3点

037 太陽に出会う前には消えましょう君の体温残したいから  孝井 栞
(★飛遊夢)(さるた) 3点

005 夢一夜 時空を超えて遥かなる 無限の宇宙を旅してみたい  ゆりえ
(美代子)(義子)(孝胤) 3点

042 気がつけば危うい場所にいるわたし答え捜していただけなのに  ひとり静
(学)(龍)(ぴーろこ) 3点

032 ここはどこ潮の匂いと空の青なぜに一羽のカモメが飛ぶの  学
(★さるた) 2点

007 夕茜優しき人を只一人胸にすまわせたおやかに生く  美代子
(巻坊)(まゆ) 2点

040 校門の前でいつまでも話したねあの日の夕焼けきれいだったね  ぴーろこ
(風詩)(雅昭) 2点

025 つらき日々一夜明ければ未来へと翼に希望乗せて飛びたて  まゆ
(金盞花)(芳子) 2点

027 うたた寝に 電話の音で 飛び起きて 窓の外見て 朝か夕べか  陽恵
(学)(金盞花) 2点

001 宵闇に大輪の華沈み込むラムネの瓶の涼やかな音色  山南薫
(鹿野太郎) 1点

003 青空にただ一文字の薄き雲海のむこふも真夏の蒼天  長澤克己
(みや) 1点

009 大空へ飛び立つ鳥の羽音にもかの後朝を思ふ曙  ぴょん
(逸星) 1点

012 セロ弾きの胸迫り来る「鳥の歌」夜明けの空を「ピース、ピース」と  すみ
(ひとり静) 1点

039 青天へ放り上げつつ問うている石榴の赤は混じりけなしか  龍
(ぴょん) 1点


木馬館句会TOP