木馬館11月歌会入選結果

この度は木馬館句会にご参加いただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。お陰さまで無事に句会を終えることができました。行き届かないところも多々あったと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

●投稿者数24名、総数44首。選者18名。
●敬称略。採点方法、同点の場合、「★」特選歌、投稿順優先。得点の内容(★特選2点、入選1点)。

■大賞

022 つつがなく暮らしてますと母に宛て嘘の手紙をこの冬も書く  丸山 進
(★学)(★孝井栞)(金盞花)(doranai)(飛遊夢)(逸)(矢島孝胤)(みや)(巻坊)(艶)(おやじしの)(美代子) 14点

■準賞

024 郵便受けに葉っぱ一枚置いてあるたぶんあの日の子ギツネだろう  ひとり静
(★まさピョン)(★逸)(★おやじしの)(学)(真田義子)(飛遊夢)(亦紅)(古俣麻子)(艶)(丸山進) 13点

■秀逸

014 一刻も早くあなたに会いたくてポストの中でかさこそ跳ねる  まさピョン
(★飛遊夢)(★丸山 進)(★ひとり静)(みや)(古俣麻子)(優花)(おやじしの) 10点

021 言葉にはできぬ想いを頼みます一二の三で跳んでみるから  孝井 栞
(★テツ)(★優花)(★上野楽生)(浪漫)(doranai)(ぴーろこ)(ひとり静) 10点

037 在りし日のあなたの文字と再会を果たす手の中タイムカプセル  巻坊
(★矢島孝胤)(★艶)(テツ)(浪漫)(ぴーろこ)(丸山進)(孝井栞) 9点

044 「絶望をもてあそんではいけません」差出人は絶滅危惧種  ひとり静
(★doranai)(★ぴーろこ)(★古俣麻子)(艶)(丸山進) 8点

019 繰り返し温かな声よみがえるセピア色した時節のハガキ  まゆ
(★亦紅)(★巻坊)(ぴーろこ)(上野楽生)(おやじしの) 7点

006 届かない父へ詫び状書いているひねくれ者と呼ばれた男  上野楽生
(★美代子)(矢島孝胤)(巻坊)(優花)(小僧)(ひとり静) 7点

030 みちのくの見知らぬ町より絵葉書を赤きポストに入れて発ち行く  おやじしの
(★秀坊)(真田義子)(春霞)(亦紅)(まゆ) 6点

010 君の手のぬくもりはまだ知らねども 胸に届きぬ熱き心よ  春霞
(★金盞花)(真田義子)(矢島孝胤)(まゆ)(上野楽生) 6点

043 どしゃぶりも晴れた日もある人生をいつもハラハラ見ていたポスト  真田義子
(★鹿野太郎)(秀坊)(学)(みや)(孝井栞) 6点

■入選

008 本心を書いた手紙を受けとめる十一月のやさしいポスト  ぴーろこ
(★真田義子)(まさピョン)(鹿野太郎)(優花) 5点

023 ポストまで歩くと決めた散歩道いつもの朝に心弾んで  真田義子
(★春霞)(秀坊)(テツ)(鹿野太郎) 5点

005 気持ちだけいつも想っているけれど行きつ戻りつためらうばかり  艶
(★浪漫)(まさピョン)(春霞) 4点

031 あの手紙憶えていますか君からの十一月の白い手紙を  ぴーろこ
(まさピョン)(学)(逸)(小僧) 4点

007 壜に挿す桜の小枝は早々と春の便りかつぼみ膨らむ  おやじしの
(★まゆ)(孝井 栞) 3点

001 とん骨のラーメン食べた学友へ 便り一つと茶漬を送る  まなぶ
(春霞)(テツ)(美代子) 3点

011 紅葉がきれいですねと書く手紙楓、ハゼより赤いこころで  古俣麻子
(浪漫)(秀坊)(ひとり静) 3点

016 年賀状のバイトで知ったあの重さ老若男女が待ち侘びる姿に  鹿野太郎
(★みや) 2点

040 投げ入れた心の叫び恨み言憐れに思い飲みこむポスト  まゆ
(★小僧) 2点

013 「母よ母」いるだけで良いそれで良い名前呼んでよあなたの子だよ  響姫
(金盞花)(美代子) 2点

029 絵てがみに伝言託す父と母昨日も今日も子の帰り待つ  上野楽生
(doranai)(金盞花) 2点

042 何人もの悲喜こもごもの運命を見たが誰にも言えない辛さ  丸山 進
(飛遊夢)(鹿野太郎) 2点

004 メルヘンの微笑み吾に投げかけて遠きまなざし注ぎ行く人  美代子
(逸) 1点

009 真夜中に赤いポストが立っている人影は無き街はモノクロ  テツ
(小僧) 1点

032 忘れ音の聞こえし夜は便箋に 向かへど筆は空を舞ひをり  春霞
(巻坊) 1点

035 サヨナラと告げるリズムで桜の葉また一枚と散り行くぞ朝  響姫
(上野楽生) 1点

036 蕭々と風たち騒ぐ晩秋の信濃の旅ゆ君へ一葉  まさピョン
(亦紅) 1点

015 顔真っ赤直立不動で声も出ず想えば苦き初恋の味  巻坊
(まゆ) 1点

038 おもいでの赤マフラーに足を止めにっちさっちもアクションとれん  みや
(古俣麻子) 1点


木馬館句会TOP