★木馬館06年11月歌会選歌評

★評に関する文章のみ掲載させていただきました。またこの他にも、沢山のご意見をいただきました、ありがとうございました。

(掲載は到着順)

杵島太郎
特選句の「凛として空に向かひし俺がゐる光を浴びてひかりを感じて」はモンスターに還元された自分の存在を確かめているのがいい。入選の「少年の心に芽生えた氷柱を溶かしてあげる太陽でいたい」は親や教育者の目で捉えた少年への愛情が感じられ、次いで「身に纏う幾千粒の過ちを青空に輝かせろよ」の樹氷を過去の過ちとして換言したのがいい。最後の「樹氷林届かぬ春を待ちわびてやわらかな陽にこころ震わせ」は東北人特有の粘り強さを感じさせる作品に仕上がっております。
テツ
特選は迷わなかったのですが、後はかなり迷いました。
月見る花代
特選
辛い風雪に耐え、今前向きに歩んでいる心模様が描かれており、正直な心情の吐露に感激しました。
入選
一首目 歌に丸みと風格がありリズムも良く、内容も情景を良く捉えており、穏やかな作者のご性格を思わせるように感じて好感を持ちました。
二首目 樹氷という言葉も使ってあり端正で歌の条件を満たしており、しかも楽しい内容ですのでよろしいと思いました。
三首目 パラリンピックへの憧れが書かれており、思わず応援したくなりました。この歌と特選の歌との選の甲乙は悩むところですが、どちらかを選ばなければならないので、とりあえずこうした次第です。作者の方のパラリンピックへの夢がかなうように願っています。
鹿野太郎
短歌の勉強をさせてもらいました。
鹿野椿
とっても迷いました。
矢島孝胤
26は巧みですね。大人びています。17は悠久な感じがして佳いです。30はうまいです。34は積極的な明るさがあって佳いと思いました。
真田義子
短歌の選も難しかったです。
これを見て人間を詠んでいるのをとりました。
祈る喜びっていいですね。
長澤克己
甲乙つけがたいが、主観的に選びました。
みや
どの短歌も甲乙つけたがいので、スケールが大きいものを選した。
人から地球天体から飛び出す絵本まで、物凄い情熱を感じ取った。
ありがとうございます。

木馬館句会TOP