「窯倉」・梅足

|食|天|其|小|
|嬉|蓋|母|児|
|豆|如|成|牽|
|粥|今|形|橇|
|二|唯|雪|女|
|人|一|洞|児|
|湛|逅|庵|固|

以下失礼ながら説明です。

[語釈]
「窯倉」雪で作る「かまくら」。
「橇」そり。
「雪洞庵」「かまくら」の意。
「如今」ただ今この時。
「逅」邂逅。
「豆粥」ぜんざい。
「湛」ふける。

[作法]下平声十三覃押韻。平起式。


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1998年前半


詩の投稿作品


目次へ戻る