「氷球其二」・梅足

|五|百|能|一|
|音|国|守|来|
|叫|万|能|一|
|喚|場|攻|獲|
|已|三|強|如|
|而|十|者|飛|
|無|億|乎|霰|

以下失礼ながら説明です。

[語釈]
「霰」あられ。
「乎」かな。
「已而」すでにして。

[作法]上平声七虞押韻。平起式。


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1998年前半


詩の投稿作品


目次へ戻る