「発声練習」・ふじむら みどり

アエイウエオアオ
アオ━━逢おう

カケキクケコカコ
カコ━━書こう

サセシスセソサソ
サソ━━刺そう

タテチツテトタト
タト━━立とう

小さな声で
大きな声で
朝晩
発声練習をする

逢おう━━━地下道を通って核シェルターで逢おう。百合
の香を舌にのせての悪口陰口減らず口は、表面人格者達の
ストレス発散法

書こう━━━主婦達の好んで使う汚れたエプロンのような
常套語。百円均一セールのようなオノマトペ。それらを体
内よりグリグリ引き出して虫干しにする

刺そう━━━国会議事堂と市民の間の闇の川に落ちていた
玉虫色のカッターナイフの置き場所は内緒、内緒

立とう━━━お天気姉さんの自信ありげで内心自信のない
長期予報。気候は気まぐれ。人も気まぐれ。あくまでも予
報は予報。真夏日の連続で萎えてしまった魂とやら。清く
正しくそれ程うつくしくはない立とうと思っても立てない
もの達よ

その他 もろもろのものへ
祈りをこめて
自省をこめて
自戒をこめて
発声練習をする

人は鰓呼吸ではなく
ぬめぬめした妬心のような皮膚呼吸と
あっさりした葡萄のような形の肺呼吸

小さな声で
大きな声で
朝晩 呪文のごとく
発声練習をする

大切なことは あくまでも
しつこく図太く強かな腹式呼吸だ


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1998年前半


詩の投稿作品


目次へ戻る