「童顔」・レトロ

老けたいと思ったことがありますかーー
 
ママと呼ばれる
たいていの女たちは
髪を七色に染めますーー
 
白髪隠しよーー
もう年だからーーー
 
ありったけのいい訳
 
わたしは真っ黒な髪に
時折白を発見すると
いきどおります
 
 
そして主人は
ぷつん、と抜くけれど
 
女ほど親身になれないのでしたーー
 
 
こまるのは
黒髪まで抜けることです
 
 
わたしは童顔ですーー
とても三十路にはみえません
 
 
けれどそれは
若いのでなく
 
 
人間ができていない
 
 
荒波にもまれていないーー
 
 
だからたとえば髪を染めようと
 
中身はかわれないことを
 
はじめから知っているんですーー

●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1999年1月〜5月詩の投稿作品トップへ戻る