「駝鳥」熱帯動物園より・鈴木どるかす

灰色の道を行くわたしたちを見て
駝鳥が羽をぴくぴくふるわせ
飛ぶように走ってきた
柵に胸を押しあてて  立ち止まり

マネーアニマルから現れた
変な生き物がきた
といったふうに
ギラギラとした目を大きく見開いて
わたしたちを眺めている
「ねぇ、わたしたちと何処が違うかしら」
「やはり人間が一番面白いんじゃないの」
フ、フ、フ、フ。


●作者へのご感想はこちらへ●


詩の投稿作品・1998年後半


詩の投稿作品


目次へ戻る