トップページ > InterSafe CATS

「InterSafe CATS」オプションについて



WEBサイトフィルターを導入すると、企業様のパソコンを有害情報サイト・不正情報サイトから保護することができ、企業様の重要データの情報漏洩対策等のセキュリティ対策に役立てる事が出来ます。

「InterSafe CATS」の特徴


サーバ不要でコスト削減、管理も簡単

「InterSafe CATS」はALSI社の提供するWEBサイトフィルタリングソフトです。ルール設定からアクセス規制、ログ等の管理作業はクラウド上のALSI社のサーバで行なうため、お客様でサーバーの用意も不要ですので導入も簡単です
しかも設定・管理はブラウザで行う事ができますので、管理も簡単です。

  • クライアントPCへの導入
    インストーラ、ブラウザからインストール可能なActivX方式を採用し、リモートインストールが可能。導入に負担がかかりません。

  • 最新のフィルタリングポリシーを適応
    管理者が設定したポリシーファイルを、インターネット環境があればどこからでもダウンロードすることができ常に最新のポリシー状態を維持することができます。

  • 利用者の管理も簡単
    管理画面から一覧で導入状況、ポリシーのダウンロード状況の確認が可能です。



ルールも一元管理でき、端末をグループ管理もできる

WEBページの閲覧を許可・拒否するフィルタールールは一元管理できますので、端末台数が多くなってもフィルタールール管理のわずらわしさはありません。

また、端末を部署などのグループとして管理(※1)し、そのグループごとにフィルタールール管理を行うことができます。部署によってはフィルタールールを厳しく(もしくは緩く)するといった運用も可能です。

※1 グループは1階層のみ作成できます

営業所、出張所などで簡単導入

端末台数が少ない小規模オフィスでの導入も、クラウドで提供される「InterSafe CATS」なら簡単・低コストで導入可能で、しかも運用も手間いらずです。

持ち出しPCにもWebフィルタリングを

今まで社内にはフィルタリングソフトを導入していても、PCを社外に持ち出した場合社内のネットワークには接続できないため、フィルタリングの適応が不可能でした。しかし、「InterSafe CATS」ならフィルタリング機能はクラウド上で実行されるため、外出先からもフィルタリングサーバーと接続できるので、持ち出しPCへのフィルタリングを適応可能です。

利用状況をブラウザ上で確認

管理画面と同じブラウザ上でカテゴリ別、ユーザ別など各ユーザの利用状況を確認可能。 月間、週間のグループ別・ユーザ別アクセスレポート、アクセスグラフ、カテゴリ別アクセスレポート等10種類以上のレポートを管理画面と同じ画面で確認可能です。

高精度データベースによる安心の国産Webフィルタリング

82カテゴリ(ユーザ設定5含む)と携帯電話全5社にも採用された高精度データベースにより、柔軟なフィルタリングとセキュアなインターネット環境を実現します。 「InterSafe CATS」は国産製品、日本の利用ニーズに応じたデータベース・カテゴリを提供しています。

(2011年7月20日現在)

「InterSafe CATS」で使われているURLデータベースは、ネットスター株式会社より提供されているものです。 以下の携帯電話のフィルタリングサービスでも同社のデータベースが利用されています。
  • 「Kid‘s iモードフィルタ」「iモードフィルタ」「spモードフィルタ」(株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ)
  • 「EZ安心アクセスサービス 接続先限定コース」(KDDI株式会社)
  • 「ウェブ利用制限機能」(ソフトバンクモバイル株式会社)
  • 「有害サイトアクセス制限サービス」(株式会社ウィルコム)
  • 「Webアクセス制限」(イー・モバイル株式会社)

信頼されるWebフィルタリング

「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」に認定
InterSafe CATSは Webフィルタリングサービスとして初めて総務省の外郭団体である財団法人マルチメディア振興センターの運用する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得しました。

「第10回 テレワーク推進賞(奨励賞)」を受賞
総務省、経済産業省、厚生労働省、国土交通省の外郭団体である社団法人日本テレワーク協会が実施する「第10回テレワーク推進賞」において、セキュリティメーカーとしては唯一、「奨励賞」を受賞しました。





i-フィルター
ウイルスブロック