トップページ > FAQ > Windows用メールソフトの設定
Windows用メールソフト Windows Live メール 編


Windows Live メール 2011・2012


[ 1 ] Windows Live メールを起動し、メニューバーの『アカウント 』 をクリックし、『電子メール』アイコンをクリックします。

[ 2 ] この画面では、以下のように設定します。

電子メールアドレス』:お客様のメールアドレス(画面はサンプルです)
パスワード』:お客様のメールパスワード
表示名』:お客様のお名前や会社名など
手動でサーバー設定を構成する』:チェックします


入力が完了したら『次へ』ボタンをクリックします。

[ 3 ] この画面では下記のように設定します。

●受信サーバー情報
サーバーのアドレス』:mail.jomon.ne.jp
ポート』:110
ログオンユーザー名』:お客様のメールアドレスの@マークの前の部分

●送信サーバー情報
サーバーのアドレス』:mail.jomon.ne.jp
ポート』:587
認証が必要』:チェックします


入力が完了したら『次へ』ボタンをクリックします。

[ 4 ] 完了』ボタンをクリックします。

   
<注意事項>

Windows Live メールの場合、初期設定において『サーバーにメッセージのコピーを置く』という設定が有効となっております。

複数のパソコンで同一メールを受信する必要がある方やメールソフトとWebメールを併用する必要がある方は、下記の作業([5]以降)は必要ございません

複数のパソコンで同一メールを受信する必要のない方やメールソフトのみを利用する方は、下記の設定手順へお進みください

※『サーバーにメッセージのコピーを置く』とは、複数のパソコンで同一メールを受信したり、メールソフトとWebメールを併用する場合に必要な設定です。しかし、メールサーバーへメールのコピーを保存する仕組みになっているため、お使いのパソコンでメールを受信してもメールサーバー上へコピーが残るため、メール容量を消費しやすくなります
   
[ 5 ] 先程作成したアカウントをクリックし、メニューバーの『アカウント』をクリックします。


プロパティ』ボタンをクリックします。

[ 6 ] 『詳細設定』タブをクリックし、下部の『サーバーにメッセージのコピーを置く』のチェックを外し『OK』ボタンをクリックし、作業完了です。


[ ← ] 前のページに戻る