トップページ > FAQ > 設定Windows2000
Windows 2000 ダイヤルアップ接続の設定

1) ダイヤルアップ接続のセットアップ

□Administratorsグループのユーザーとして、Windowsにログオンします。

□「スタート」ボタンから「設定(S)」→「ネットワークとダイヤルアップ接続(N)」をクリックします。

 

□ 「新しい接続の作成」をダブルクリックします。

□ 「ネットワークの接続ウィザードの開始」ダイアログが表示されます 。

「次へ(N) >」をクリックします。

 

□ 「ネットワーク接続の種類」ダイアログが表示されます。

「インターネットにダイヤルアップ接続する(D)」を選択し、「次へ(N) >」をクリックします。

 

□ 「インターネット接続ウィザードの開始」ダイアログが表示されます。

「インターネット接続を手動で設定するか、またはローカル エリア ネットワーク(LAN)を使って接続します(M)」を選択 し、「次へ(N) >」をクリックします。

 

□ 「インターネット接続の設定」ダイアログが表示されます。

「電話回線とモデムを使ってインターネットに接続します(P)」を選択し、「次へ(N) >」をクリックします。

 

□初めてモデムの設定を行う場合には、「新しいモデムのインストール」ウィザードが起動します。

モデム設定ファイル(INFファイル)をフロッピーディスクやCD-ROMからインストールする必要があります。
(詳しくは、モデムやTAのマニュアルを参照してください。)

 

□「ステップ 1: インターネット アカウントの接続情報」ダイアログが表示されます。

・「電話番号(T):」
 0570010987を入力
 ※フレッツISDNご利用の場合
 ダイヤルアップ先が全国共通の「1492」となります。
 一般アクセスポイントにダイヤルアップしますと、通常の電話料金が発生してしまいますのでご注意ください。
・「国/地域名と国番号(C):」
 「日本 (81)」を選択
・「市外局番とダイヤル情報を使う(U)」
  チェックします

以上を設定したら、「詳細設定(V)...」をクリックします。

 

□「詳細接続プロパティ」ダイアログが表示されます。

接続の種類
「PPP(Point to Point プロトコル)(P)」にチェックします。
ログオンの手続き
「なし」にチェックします。

 

□「アドレス」タブを選択します。

「IP アドレス」枠内
 「インターネット サービス プロバイダによる自動割り当て(P)」 を選択
「ISP による DNS (ドメイン ネーム サービス) アドレスの自動割り当て」枠内
 「常に使用する設定(F):」を選択
 ・「プライマリ DNS サーバー(D):」
  211.120.122.1と入力
 ・「別の DNS サーバー (N):」
  211.120.122.2 と入力

設定したら、「OK」をクリックして「詳細接続プロパティ」ダイアログを閉じます。

 

□「ステップ 1: インターネット アカウントの接続情報」ダイアログに戻ります。

「次へ(N) >」をクリックします。

 

□「ステップ 2: インターネット アカウントのログオン情報」ダイアログが表示されます。

・「ユーザー名(U):」
 [メールアドレス]を入力
・「パスワード(P):」
 [パスワード]を入力

設定したら、「次へ(N) >」をクリックします。

 

□「ステップ 3: コンピュータの設定」ダイアログでは、以下のように設定します。

・「接続名(C):」
 この接続の名前を設定します。(任意の名前で構いません)
 ここでは「jomon」とします。

設定したら、「次へ(N) >」をクリックします。

 

□「インターネット メール アカウントの設定」ダイアログでは、「いいえ(O)」を選択します。

設定したら、「次へ(N) >」をクリックします。

 

□「インターネット接続ウィザードを終了します」ダイアログが表示されます。

「今すぐインターネットに接続するにはここを選び [完了] をクリックしてください(T)」のチェックを外します。

「完了」をクリックし、インターネット接続ウィザードを終了します。

 


2)インターネット接続の設定

□ 「スタート」ボタンより「設定(S)」→「ネットワークとダイヤルアップ接続(N)」をクリックし、「jomon」アイコンをダブルクリックします。

□「JOMONへ接続」ダイアログが表示されます。

「プロパティ(O)」をクリックします。

 

□表示されたダイアログの「全般」タブが以下のように設定されているかを確認します。

・「接続の方法:」
 ご使用のモデムやTAを選択

「電話番号」の枠内
・「市外局番(E):」
 なし
・「電話番号(P):」
 0570010987を入力
・「国番号/地域番号(U):」
 「日本 (81)」を選択
・「ダイヤル情報を使う(S)」
 チェックする

設定したら、「規則(R)」ボタンをクリックします。

 

□「電話とモデムのオプション」ダイアログが表示されます。

「編集(E)...」をクリックします。

 

□表示された「所在地の編集」ダイアログの「全般」タブをクリックし、以下のように設定します。

・「所在地(N):」
 新規に所在地を作成していない場合は、デフォルトの「所在地情報」となっています。
・「国/地域(R):」
 「日本」を選択
・「市外局番(C):」
 なし

「ダイヤル情報」の枠内
・「この所在地からダイヤルするときに適用する規則:」
 0発信など外線発信番号が必要な場合に設定
 ※ダイヤル先が市内の場合に必要となる番号を「市内通話の場合の外線発信番号(L):」欄に、
 市外の場合に必要な番号を「市外電話の場合の外線発信番号(D):」欄に入力します。
・「ダイヤル方法:」
 回線種別を選択します。
 プッシュ回線の場合「トーン(T)」、ダイヤル回線の場合「パルス(P)」を選択します。
 設定が違っていると"BUSY(話し中)"となりますのでご注意ください。

「ダイヤルする電話番号:」欄に表示されている番号が、実際にダイヤルされる番号となりますので、
市外局番の有無など、正しい電話番号が表示されているかを確認します。

設定したら、「OK」で「所在地の編集」ダイアログを閉じます。

「電話とモデムのオプション」ダイアログに戻りましたら、「OK」をクリックします。

 

□「オプション」タブをクリックし、以下のように設定します。

・「接続中に進行状況を表示する(D)」
 チェックする
・「名前、パスワード、証明書などの入力を求める(P)」
 チェックする
・「Windows ログオン ドメインを含める(W)」
 チェックしない
・「電話番号の入力を求める(N)」
 チェックする

 

□「セキュリティ」タブをクリックし、以下のように設定します。

「セキュリティ オプション」の枠内
・「標準 (推奨設定)(T)」
 チェックする
・「ID を確認する方法(V):」
 「セキュリティで保護されていないパスワードを許可する」を選択
「対話型ログオンおよびスクリプトの実行」の枠内
・「ターミナルウィンドウを表示する(H)」
 チェックしない
・「スクリプトを実行する(R):」
 チェックしない

 

□「ネットワーク」タブをクリックし、以下のように設定します。

・「呼び出すダイヤルアップ サーバーの種類(E):」
 「PPP: Windows 95/98/NT4/2000, Internet」を選択

「チェック ボックスがオンになっているコンポーネントはこの接続で使われます(C):」の枠内
 「インターネット プロトコル (TCP/IP)」のみチェックする



さらに「インターネット プロトコル (TCP/IP)」を選択した状態で「プロパティ」ボタンを押します。
新たに表示されるウィンドウを下図のように設定します。


「IPアドレスを自動的に取得する」をチェック
「次のDNSサーバーのアドレスを使う」をチェック

 優先DNSサーバー : 211 120 122 1
 代替DNSサーバー : 211 120 122 2

設定したら、「設定(S)」ボタンをクリックします。







前の画面に戻りますので、次に「設定(S)」ボタンをクリックします。

□「PPP の設定」ダイアログでは以下のように設定します。

・「LCP 拡張を使う(E)」
 チェックしない
・「ソフトウェアによる圧縮を行う(N)」
 チェックしない
・「単一リンク接続に対してマルチリンクをネゴシエートする(M)」
 チェックしない

設定したら、「OK」ボタンをクリックします。

 


3) 接続方法

□「スタート」ボタンより「設定(S)」→「ネットワークとダイヤルアップ接続(N)」をクリックし、「jomon」アイコン をダブルクリックします。。

□ 表示された「jomonへ接続」ダイアログを以下のように設定します。

・「ユーザー名(U):」
 [メールアドレス]を入力
・「パスワード(P):」
 [パスワード]を入力
・「ダイヤル(I):」
 0570010987と入力。
 注意)フレッツ・ISDNをご利用の場合は、ダイヤルアップ先電話番号が「1492」となります。
・「ダイヤル元(F):」
 現在の所在地情報を選択

 

□ 確認できましたら、「ダイヤル(D)」ボタンをクリックして接続を開始します。


タスクバーのインジケータ領域内に状態アイコンが
表示されれば、接続成功です。

接続の状態を表示するには、タスク バーの状態アイコンをダブルクリックするか、または「ネットワークとダイヤルアップ接続」フォルダの中の「jomon」アイコンを右クリックし、「状態」をクリックします。


4) 切断方法

□タスク バーのインジケータ領域内の状態アイコンをダブルクリックし、「jomon状態」ダイアログを表示させます。

「切断(D)」ボタンをクリックすると、接続を終了します。


戻る